司法書士フィオルーナ法務事務所


電話受付 平日 9:00~19:00 土曜 9:00~12:00
事務電話番号

ブラックリストについて

長期間滞納したり、債務整理手続をすると「ブラックリストに載る」とよく言われます。

ブラックリストというものは存在しません。信用情報機関が管理運営しているデータに「事故登録」されることを意味します。契約通りの返済ができなくなった案件=事故として登録され、情報機関に加盟している全業者に知られることになります。

登録されている間は、新たな借り入れ、ローンを組むことがほぼできなくなり、使用している借入カードやクレジットカードも使えなくなる(更新を拒否される)おそれがあります。

データを管理する信用情報機関には加盟する業者により、3種類の機関があります。

信用情報機関名 加盟業者
①全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行・信金・信組・農協系の機関
②株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融系の機関
③株式会社 シー・アイ・シー(CIC) 信販会社の機関

一応区分されていますが、銀行は全部の機関に加盟していたり、消費者金融も②、③の機関に重複して加盟しているので、この区分はあまり関係ないです。

上記の信用情報機関のデータに事故登録されると、新規借り入れができない等様々な弊害が生じますが、永久に登録されてるわけではなく、各機関によって登録期間が異なります。

①KSC 事故登録内容 登録期間
延滞*1 契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間
官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等 当該決定日から10年を超えない期間

②JICC 事故登録内容 登録期間
延滞 契約継続中及び契約終了後5年以内
債務整理、破産申立等 契約継続中及び契約終了後5年以内

③CIC 事故登録内容 登録期間
任意整理、個人再生 登録なし*1,*2
ただし、3ヶ月を超える延滞は事故登録されます。
(完済日から5年間)
自己破産 免責許可決定が確認できた会員会社によるコメントが登録された報告日から5年間

*1:任意整理をしたことによる登録はありませんが、保証会社が代わって弁済した場合、「代位弁済」と登録されます。

*2:特定調停や民事再生の申請および債務整理に関して登録されません。CICに登録される信用情報は、消費者と加盟会員であるクレジット会社等とのクレジットやローン取引に係わる申込内容や契約内容、支払状況などの客観的事実に限られます。

ブラックリストに載ることの影響

信用機関に事故登録されると、登録されている間はいろいろな事が制約されてしまいます。

①新たな借り入れができない。
②クレジットカードが使えない。*1
③住宅や車のローンが組めない。
④携帯電話の機種代分割ローンが組めない。
⑤賃貸住宅の入居・更新に影響する場合がある。*2

*1:3社のカードの内2社について任意整理をした場合、整理しなかったカードがすぐに使えなくなることはありませんが、いずれ使えなくなるおそれが高いです。

*2:指定された家賃保証会社との契約を求められ、その保証会社が信販系であれば、ブラックリストチェックされ入居審査に影響するおそれがあります。また、家賃がクレジットカード支払いの場合、カードが使えなくなるので注意が必要です。

ブラックリスト登録の確認

事故登録(ブラックリスト記載)されているか、ご自身で確認することができます。

各情報機関のホームページには、情報開示請求の方法がのっています。この方法に従ってご自身で請求することができますので、ご興味のある方は下記ホームページを参照下さい。

▶全国銀行個人信用情報センター(KSC)
▶株式会社日本信用情報機構(JICC)
▶株式会社 シー・アイ・シー(CIC)